会社の鍵を紛失したときにとる行動
鍵を失くしても焦らずに探してみる
鍵交換にかかる費用や手間を把握する
始末書の書き方のポイントを知る

便利なアイテムを使って鍵紛失に備えましょう。

始末書を書く際に押さえておきたい2つのポイント

会社の鍵をなくしてしまった場合は始末書を書かなければなりません。ここでは書く際のポイントを説明していきます。

反省を伝えることが重要

ポイント1【再発防止を意識する】
始末書を書くにあたって大切なのは反省と陳謝を示す分を書くことです。再発防止を意識した誠実な文章に仕上げることが重要になります。ですが、度を越えた謝罪や感傷めいた訴えにならないよう注意しましょう。
ポイント2【許しを請う一文を伝える】
しっかりと反省を示した後は、許しを請う一文を添えることも大切です。具体的な改善策や決意を書いた後に「何とぞ寛大な措置を……」といった一文で締めることで誠実さや正直さを表すことができるでしょう。

会社の鍵保管に便利なアイテム

会社の鍵を失くさないためにアイテムを利用してみましょう。個人だけではなく、会社全体で鍵紛失の再発防止をすることができます。

これがあればしっかり鍵管理ができる!

キートレーサー
会社には会議室の鍵、社用車の鍵などたくさんの鍵が存在します。各々が管理を行なっていても「鍵がない!」といった事態は起こりうるのです。所持者を探すだけでも手間がかかってしまいますが、キートレーサーを使用することで誰が持っているかといったことが一目瞭然になります。キートレーサーは壁に取り付けられるボックスと鍵に取り付けるプラスチックのカードがセットになっています。ボックスに鍵の名前を書いたシールを貼り、カードに鍵を使う社員の名前を書くことで誰が管理しているといったことがわかるようになるのです。
キーファイル
オフィスにはさまざまな鍵があり、増えていく可能性もあります。一度にたくさんの鍵を管理するのは大変ですが、キーファイルを使用することによってしっかりと管理が行なえるようになります。ファイルごとに鍵を収納できる仕組みになっているため、選別することもできます。デスクの引き出しに収納できるボックス型になっていることから、ファイルがいくつあっても整理しやすくなっています。

TOPボタン