会社の鍵を紛失したときにとる行動
鍵を失くしても焦らずに探してみる
鍵交換にかかる費用や手間を把握する
始末書の書き方のポイントを知る

セキュリティ対策をしながら鍵交換を行なう必要があります。

事前にコストや手間を把握しておきましょう

いつどんなときに鍵紛失をするかわかりません。どのくらいの費用がかかるのか事前に知っておくことで準備もしやすくなります。

会社の鍵交換の費用や手間について

料金の相場
鍵の種類によりますが、交換料や出張料を合わせて2万円~3万円程度といったところが多いです。夜間に緊急で交換する場合は追加費用が発生することもありますが、比較的リーズナブルな価格で交換することができます。いつ会社が狙われるかわからない不安に悩まされるより、鍵交換をするのが得策でしょう。
作業にかかる時間
シリンダーによって所要時間は異なりますが、基本的な入れ替えるという作業のみだと30分程度で完了します。ドアが傷付いたり大きな音が出たりする作業は行なわないので安心して依頼することができます。数時間以上もかかる作業はほとんど行なっていないことから、すぐに対応してほしい場合や緊急時でも気軽に任せられるでしょう。
業者を探す手間
ほとんどの場合、電話1本で鍵交換を依頼することが可能です。近隣エリアなら即日対応ですぐに交換もできるので手配も簡単です。業者によってコストや手間は変わるので迷っているなら専門家に相談するのも良いでしょう。会社がテナントに入っている場合は、管理会社が提携している鍵業者を呼ぶことがあるため、業者を探す必要はありません。

セキュリティを考えた鍵への交換を検討しよう

ディスクシリンダータイプの鍵は失くしてしまう可能性が高いため、暗証番号錠へ交換するのも良いでしょう。

鍵交換をするなら「暗証番号錠」

家

暗証番号錠はボタンやテンキーで番号を入力すると開錠することができます。鍵を持ち歩く必要がなく、スマートに開錠できるのが特徴です。暗証番号には機械式と電気式があり、形状もさまざまです。タッチパネル操作ができるものや、カバーを開けてボタンを押すタイプなど種類が豊富にあります。また、暗証番号錠は番号が正しければ誰でも開けられるため、鍵紛失や複製する手間や不安をなくすことができます。定期的に暗証番号を変更することでセキュリティ効果はアップします。

TOPボタン